コンテンツへスキップ

物事は最後までやり切らないと分からない。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

何かを始めると途中で『これは上手くいかないかも…』と感じて辞めてしまう人がいるかも知れませんが、本当に上手く行かないのかどうかは最後までやってみないと分からんです。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

基本飽き性の自分ですが…

自分は基本的に超絶飽き性なので、余程面白い事や自分にとってメリットのある事でもない限りは継続する事がとても苦手です

それは自分の生き甲斐である絵を描く時にも出てくる事があり、今現在描いている絵もラフスケッチの段階では『めっちゃ良い感じの作品が出来上がるかも!』とウキウキで描いていたのに、途中から『これこのまま描いても完成する気がしない…』と段々とやる気が削がれていく事があります。

以前であれば『どうせ上手く行かないだろうから辞めちゃお〜』となって、途中で政策を辞めてしまう事が多かったのですが、最近では『いやもう少しだけ描いてみよう』と考えるようにした事で、『ここでこうすれば良い感じに出来るぞ!』と言う部分がある事に気付いて、途中で作品の制作を投げ出してしまう事が激減しました(とは言ってもやはり駄目なものは駄目で諦める事もある)。

物事は最後までやってみないと結果が分からないものです。

スポンサーリンク

まさにどんでん返しがある

よく映画の宣伝なんかで『ラスト〇〇にどんでん返しが!』みたいなキャッチコピーがあるじゃないですか?

物事を進めていく中でも実はこう言うどんでん返しが結構あるのですが、自分の場合は作品を制作している時によくありますね。

と言うか、実は少し前の自分は最初のラフスケッチの段階で決めた構想通りに絵を描かないと絵を完成させる事が出来ないと言う、ちょっとした強迫概念に縛られて製作を進めていたのですが、飽き性の自分は最初のラフスケッチのまま製作を進めていくと飽きてしまい、そこから『これはこうすれば良いんじゃないかな?』『ここの構図変じゃないかな?』と気づき始めてしまい、それが結果的に『このまま進めても上手く行かないかもしれない』と言う考えに至ってしまっていたんですね。

で、本当につい最近になってようやくその強迫概念から脱出出来る様になった事で、製作中でもアクリル絵の具の特性を利用して上から別の色を塗り直したり、下書きの線を付け加えたりする事をためらう事なく出来る様になると、明らかにラフスケッチよりも良い感じの作品を完成させられる様になってきたんですね。

これはまさに作品を製作している途中でどんでん返しが起きている状態な訳です。

スポンサーリンク

完璧にしようとし過ぎていた

今までの自分は作品の製作に関してあまりにも完璧なものを求め過ぎていたのでしょう。

だから最初の計画と少しでも違う部分が出てきてしまうと『計画から外れたから駄目だ』と思って辞めてしまっていたのですが、この考え方を自分で破った事で『最初の計画と違うけど試してみるのも良いな』と多少ゆとりのある考え方をする様になった事で、寧ろ以前よりも良い感じの作品を製作出来る様になったし、何より途中で作品を投げ出してしまう事も減ったので、作品のストックを増やす事にも繋がっています。

そして地味に大事な事なのですが…作品を最後まで完成させる事で失敗をする事もあり、完成してから陽の光を受けた時の実際の色味とか、遠くから見た時の構図がしっくりくるものかどうかとか、完成した作品だからこそそこから学ぶ事も結構ある事にも気付きました。

途中で製作を辞めてしまっていたらそもそもそういった学びを得る機会もなくなっていたのでそりゃ中々絵が上達しない訳だな…と、この歳になってやっと気付いたのです。

物事をうまく進める為にはある程度の計画性も必要ですが、基本的に計画は予定なであり予定は未定とも言えるので、計画通りにする事に固執して途中で投げ出すような事はしない方が賢明ですね。

スポンサーリンク

まとめ

物事の計画って立てた時点では『絶対にこれで上手くいくだろ!』と思ってしまいがちですが、大抵は計画通りに行かずに行き詰ったり頓挫してしまったりするものです。

しかし、そこで『計画通りに行かないから辞めましょう』としてしまうと、そこで失敗して学ぶ事や臨機応変に計画を変更して上手くいく方法に気付く事もなく終わってしまい、本当に何も学ぶ事もなく徒労に終わってしまうだけです。

ですので、取り敢えずは物事は最後までやってみる事も大事ですね。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »