コンテンツへスキップ

テレビから離れて変わった事。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

現代人にとって三種の神器とも言われているテレビですが、自分はテレビのない生活をかれこれ6年程していて変わった事が結構あります。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

テレビが無い生活6年目

自分は一人暮らしを始めてもうすぐ6年になるのですが、その間はず〜っとテレビを持たずに過ごしてきました。

テレビを持たなかった理由としては、当時の自分は物を持たない暮らしやミニマリストに憧れ、自分にとって最低限必要なものだけで暮らしてみたいという願望があって、それを実践する際にテレビを手放した訳です。

とは言え正直な所、今までの生活の中で当たり前のように存在していたテレビを手放して、果たして自分は暮らしていけるのだろうかと言う心配はありましたが、結論から言うとその後テレビがなくて困った事は全くありませんでした。

寧ろ必要以上に発信されている情報を得る必要がなくなって、以前よりも逆にストレスが減った気がします。

スポンサーリンク

テレビはストレスの温床

テレビは深夜帯以外はほぼ途切れる事なく、常に何かしらの情報を発信し続けている恐るべし情報発信家電です。

定時にはニュース番組・バラエティ番組・ドラマなどが毎日放送されており、その合間には新発売の家電やゲーム・映画や番組の宣伝・コンビニの新作スイーツのCMと、下手するとトイレに行くタイミングすらなくなるくらいに過密なスケジュールでテレビはありとあらゆる情報を流し続けています。

そして恐ろしい事に、現代人には『取り敢えずテレビを付けておく』と言う無意識の習慣が根付いている事で、その習慣から朝起きてから夜寝るまで(下手をすると寝落ちするまで)付けっ放しの事もあります。

それって普通の事でしょ?と思われるかもしれませんが、これは自分が求めている以上の情報量を無意識のうちに常に与えられ続けている状況なので、気付かないうちに頭には物凄い負荷とストレスが与えられ続けているんですよね。

特にニュース番組では此方の不安や不満を煽る様な情報を流す事も多いので、その不安や不満が知らず知らずのうちに蓄積されて、何となく心がモヤモヤしたりイライラする事も結構増えていると思います。

スポンサーリンク

情報は欲しい時に調べれば良い

テレビっ子の人達にはテレビを見ない自分の生活は結構衝撃的な部分が多い様で、部屋にテレビが無いと言うと『それって情報が手に入らなくて困ったりしない?』『面白い番組見れなくてつまらなくない?』とたまに聞かれますが、ぶっちゃけテレビを見ている方が余計な情報に振り回されるし、テレビ番組よりも面白い事は世の中に沢山あるので全く困りません。

例えば先日大きめの地震が起きてちょっと慌てましたが、その時にはちゃんと地震アラームが鳴ってすぐに詳しい情報を出してくれましたし、そうでなくてもネットやSNSで調べればすぐに最新の情報が手に入るし、自分が愛用しているYouTubeでもその日のニュースや天気だって簡単に分かります。

それよりも、テレビをダラダラと観ていて余計なストレスを抱えたり、必要以上に物欲を刺激されてお金を浪費したり、変に不安や不満を煽られて心を病んだり他人を誹謗中傷する方が余程不健全な気がします。

それに個人的にはテレビを観ているよりも外に出て散歩をしたり、大好きな昆虫を観察したり、カフェに行ってお茶をしながら読書をしたり、たまに心友と出掛けてお喋りをしたり、家で創作活動をしている方が余程楽しいものです。

恐らくは今後もテレビを自分の暮らしに導入する事はないと思いますが、それで困る事も今後ともないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

テレビが世の中に普及し始めた頃は、テレビは生活の中での娯楽として大きな存在感を持っていましたが、現在ではネットやSNSやYouTubeなどの娯楽も沢山増えてきた事で、テレビと言う存在が必ずしも生活必需品ではなくなっています。

自分が日頃ストレスを抱えているな…と感じている方は、まずはテレビを視聴する時間を減らしてみると思った以上にストレスが緩和されると思うので、少しだけテレビを観る時間を減らしてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »