コンテンツへスキップ

物欲がなければお金は貯まるのか?


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

人間誰しもお金を沢山持っていたいと考えると思いますが、果たして物欲がなければお金は貯まるのでしょうか?


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

物欲がない方ではあると思います

自分で言うのも何ですが、自分は物欲がない方であると自認しています。

例えば食事に関してはそもそも『食べる』と言う行為自体が好きではないので、ジャンクフードやお菓子は極々たまに食す程度で栄養単価が高い食品を食べる程度にして、衣服に関しては肌着以外はほぼ古着屋さんで数ヶ月に一度買いに行く程度であり、そして自分の生活に必要不可欠なモノ以外は特に買う気も起きないので、基本的には画家活動以外で散財する事はほぼありません。

こんな感じで、恐らくは一般的な人達よりは物欲が少ない方であると思っているのですが、さて物欲がないとお金が貯めやすいかと言いますと、決してそうはならないと思います。

スポンサーリンク

お金に対する欲もない

これは個人的な見解ですが、恐らくは物欲が極端にない人はそれに比例して金銭欲もないように思います。

少なくとも自分は物欲がないのと同じくらいお金に対する欲求もあまりないので、自分が生きていくのに必要な分だけあればそれで良いと思っています。

そんなもんなので、仕事でも自分が必要な収入分にはどの程度働けば良いのかが分かると、それ以上頑張って働こうと言う気持ちがすっかりなくなってしまい、たまに職場が忙しくなってやれ残業だやれ追加出勤だとなっても『いやこれ以上働いても疲れるだけなので良いです』と帰ってしまうのです。

つまり物欲がないと浪費する事も少ないのですが、その分必要以上のお金を持つ事に対してもあまり必要性を感じる事が出来ないので、結果としてはお金が貯まる事もないです。

結局のところ、お金を沢山稼ぐ為に今自分がやりたい事を全て後回しにしてしまう事が嫌なのです

…因みに自分は今までボーナスと言うものを貰った事がないのですが、ボーナスに対しては非常に偏見を持っていて、『ボーナス払ってんだからもっと働け‼︎』と会社から無言の圧力を与えらる恐ろしいものだと思っています(笑)。

スポンサーリンク

お金は必要な分だけあれば良い

自分の中では最低限の衣食住が確保出来ていれば生きていく事に問題はなくなるので、それよりも自分のやりたい事…つまり絵を描く事に自分の人生の時間を出来るだけ使いたいと言うのが本音です。

確かにお金があれば行きたいところにすぐ行けるし、欲しいものがあればすぐに買えるし、病気や怪我をした時にすぐに病院に行けるし、何より老後の心配がなくなる…とは思うのですが、それよりも『今』自分が一番やりたい事に時間を使いたいと言う欲求が強いので、どうにも『今』を我慢する事が出来ないのです。

少なくとも、今までも自分が『今』やりたい事・やってみたい事を優先して行きていますが、それで後悔した事は殆どないのでもうこのままで良いかな…と考えています。

生きていくのに必要な衣食住と、自分の生き甲斐である絵を描く事を30才を過ぎた今でも続けられているだけでも十分に幸せであると確信しているので、今後もお金は必要な分だけあれば良いと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

自分が必要な分だけのお金で生きていけているのは、まあ自分が一人で気ままに生きている事を大きな要因ではあると思うのですが、それにしても今の時代は何でもかんでもお金で解決出来ると錯覚してしまう時代です。

しかし家族との会話の時間も、自分の寿命も、やりたい事をする時間も、根本的にはお金では買えない唯一無二のものです。

お金が欲しいからと言って家族と一緒に話す事も、自分の健康を考えて病院に行ったり食生活を見直す事も、自分が『今』やりたい事も全て後回しにすると、後でとんでもないツケが回ってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »