コンテンツへスキップ

好きな事で収入を得るという事。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

お陰様で最近は自分の好きな事で得られる収入が少しづつ増えてきているので、改めて好きな事で収入を得る事について考えてみました。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

少しづつ絵で収入が入っています!

『画家になったろ‼︎』と意識した学生時代から絵を描き続けて早10年以上…ここ2年程の間に自分の画家人生は皆様のお陰で段々と向上してきており、少しづつながら絵での収入が増えてきております

10年前には考えられなかった状況に、今での時々『これって本当に起きている事なんかな?』と一瞬考えてしまう事もありますが、絵をお迎えして下さった方々からの『素敵な作品、有難う御座います!』『実物が見てみたかったので嬉しいです!』と言う、暖かく嬉しいお言葉を頂く事で喜びを噛みしめる回数も増えてきており、本当に絵を描く事を諦めずに続けて良かったと感じております

そんな自分の遠回りな画家人生ですが、少しづつリズムを掴めてきて落ち着いてきたので、改めて自分の好きな事で収入を得る事に関して考えてみようと思います。

スポンサーリンク

絵を描くだけじゃ無理です

自分の今までの画家人生の中で最も痛感した事は、ただ絵を描くだけで収入を得る事は絶対に出来ないと言う事です。

子供の頃は自分の好きな絵を描きまくっていれば、自分の絵を好きになってくれた誰かが自分の絵を買ってくれると考えていましたが、実際の所は自分の絵を自分で宣伝していかなければ誰もみてくれる訳もないですし、仮に絵を購入して貰えたとしてもその際に金銭のやり取りなどもこなさなければなりません。

世間一般の『画家』と言うイメージ像は、自分の世界観を持った気難しそうな人がアトリエに籠ってひたすら絵を描きまくっているイメージかもしれませんが、そんな生活が出来る人は余程裕福な家庭に生まれた人や、或いは全てをフォローしてくれる優秀なマネージャーが付いている人だと思います。

少なくとも、自分は画家として絵を描きながら個人事業主として日々の経理をこなしつつ、作品が売れれば作品の配送の手筈を自分で設定し、作品を販売・発信するホームページやオンラインショップを自分で創ったり、展覧会やイベントがあれば参加する為の準備をしたり…と、ただ好きな事をしていると言う受動的な生き方では収入になんて繋がる事はないです。

皆さんが思っている以上にクリエイターの方々は非常に能動的でアクティビティな方々ばかりなのです。

スポンサーリンク

大変だけど充足感は絶大である

自分は今でも画家活動だけでは生活費を賄う事が出来ないので、シフト調整がしやすい職場で働きながら活動をしていますが、以前よりも画家活動での収入が増えてきてくれているので、少なくとも画家活動で必要な画材代や展覧会・イベントの参加費くらいは工面出来るようになってきております。

しかし日々副業をこなしながら画家活動もこなしているのは結構大変な事がありますが、個人的には自分の好きな事で収入を得られるのであればそんな事は大した苦労ではないと思っていますし、比較的安定した収入が得られるけれども毎日特に面白くもなく学ぶ事もない副業でダラダラ働いているよりも、収入は少ないけれども自分の好きな事で得られる精神的な充足感は比較にならない程大きなものです。

好きな事で収入を得ると言う事は、好きな事だけが出来る訳ではなく面倒な事や大変な事もこなさなければなりませんが、その苦労以上の充足感をもたらしてくれる最高の生き方であると自分は感じております。

スポンサーリンク

まとめ

子供の頃に夢見ていた画家という職業は、いざやってみると色んな事をしなければならない事に最初は絶望したものですが、しかしその時々によってやらなければならない状況に追い込まれると、人間面白いものでいつの間にかこなしちゃってるんですよね(笑)。

自分はかなりの面倒臭がりなので、あまり興味のない事に関しては可能な限り手を抜く癖がありますが、それでも画家として活動を続けていく為に個人事業主として帳簿を付けたり、年度末には確定申告もちゃんとやるようになっているので、好きを仕事にすると言うパワーは強いです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »