コンテンツへスキップ

SNSは元気な時に楽しもう。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

SNSは自分自身の心身が元気な時に楽しむのが一番だと思います。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

最近心身不調の人が多い…

皆さんは最近調子はどうですか?

自分は新型コロナウイルスに感染する事も大きく体調を崩す事もなく、精神的にも安定している方であると思っていますが、最近自分の周りの方々で心身の不調を訴える方が増えています。

ワクチンが出始めたとは言え未だに収束しないコロナ禍に加え、それ以前から不景気が続いている日本国内での不安定な生活に、学校や職場、そして家庭内での人間関係など、様々な場所でストレスを抱えて体調を崩してしまう人も多いと思います。

そんな風に自分自身の心身が不調の時には、一度SNSから離れてみる事をお勧めします。

スポンサーリンク

SNSは地雷が多い

自分も仕事柄(?)SNSを利用する事が多いのですが、SNSって時々とんでもなくショッキングな情報が何の前触れもなく出てくる事がありませんか?

自分は基本的にアートに関する情報、クリエイターの方々、昆虫系の情報を発信する方々をフォローしているのですが、その合間合間に『今日こんな嫌な事があって…』とか『こんな非常識な事をしている人がいて…』と言った情報や、動物虐待や環境破壊に関するニュースや事件・事故などの動画が突然出てきてしまう事があるんですよね。

勿論、自分としてもそう言った情報であまりにも見ている此方がしんどくなってしまう様なものはブロックなりミュートなりして見ない様にしますが、それでもちょこちょこ目に入ってしまうのです。

こう言ったネガティブな情報は何であれ、自分自身のメンタルにも多少なりとも悪影響を与えてしまう事もあり、もしも自分自身のメンタルが不調の時に見てしまうと、益々自分のメンタルが悪化の一途を辿ってしまうのです。

そして恐ろしい事にこう言ったネガティブな情報を見続けていると、自分からそう言ったネガティブな情報を敢えて調べて更にネガティブな情報を集めてしまうという現象も起きる事があるらしく(現象の名前は忘れた)、そうなると自分のメンタルを自分で悪化させてしまう事にも繋がるので、自分自身が疲れてしまっている時には一旦SNSをお休みする事をお勧めします。

スポンサーリンク

疲れた時にはSNSから離れる

自分はあくまでも自分自身の心身が不調の時にだけSNSで流れてくるネガティブな情報から距離を置こうと言っているのであり、決してそこに書かれているネガティブな情報…先程書いた様な虐待の話や環境破壊を助長する様な非常識な行動などに興味を持つなと言っている訳ではありません。

そう言った問題は、自分自身がネガティブな情報に流される事なく冷静に考えられる様な状態の時に向き合うべきだと思っているのです。

幾らSNSで流れてくるネガティブな情報の中身が、自分達人間が一人一人考えなければならない様な社会問題であったとしても、れを観ている自分自身がそう言った情報に飲み込まれてメンタルを悪化させてしまう様な状態では、そう言った問題への対策や解決策を考えたりする様な心のゆとりなんて持てる訳がありません。

人間は自分自身の心にゆとりが出来た時に、漸く自分以外の他人や物事に対して真剣に考えて取り組む事が出来る様になれるのです。

ですので、自分が心身共に疲れ切って不調の時には一度SNSと距離を置き、そこから流れてくるネガティブな情報も一度自分から遮断して、外を散歩するなり、信頼出来る人と話をしたり、自分の好きな事に没頭したりして、まずは自分の心身を健康にする事を最優先にしましょう。

そうして自分自身が健康になって心にもゆとりが生まれて、ネガティブな情報を見てもメンタルを引きずられる事なく見られる様になった時に、改めてそう言った問題と向き合えば良いと思うのです。

スポンサーリンク

まとめ

SNSでは簡単に沢山の人と繋がれるし、考え方や趣味嗜好が似ている人ともすぐに盛り上がれるので、リアルな人間関係よりも楽しくてハマってしまう人も多いかもしれません。

しかし、そう言った場所ではワザと酷い情報を流して注目を浴びようとする人や、顔が見えない事を良い事に平気で相手を傷付ける言動をぶつけてくる人も一定数存在し、その結果精神を病んでしまったり、最悪の場合は自ら死を選んでしまう人もいます。

それはリアルな人間関係でも起こり得ることかもしれませんが、SNSではその空間から離れて距離を置けると言う選択肢が出来る事は良い点だと思います。

もしも純粋に楽しんでいるのではなく、何となく惰性でSNSを見てしまっているのであれば、尚更自分がしんどいと感じている時には見ない様に心掛けた方が良いと思います。

SNSは自分を追い詰める為ではなく、楽しむために使った方が良いと思います。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »