コンテンツへスキップ

目的別の絵を描ける様になった。



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

最近は目的によって描く絵を変える様になっています。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


何時も絵を描ける幸せ

最近はお陰様で暇さえあれば絵を描く様な生活を送っている蟲人です。

思えば画家として絵を描いていこうと決めてから活動を始めて12年程経過している(らしい)のですが、2年程前までは生活費と活動費を稼ぐ為に倉庫作業のアルバイトを週5日、しかも時々残業なんかもしながらがっつり働いていました。

最近では職場の時給が高いお陰もあって週3〜4日で一切残業もせずに働きつつ、少しづつ収入が増えてきている画家活動に取り組む時間を増やせてきて、今までの人生で一番楽しい時間を過ごせている気がします。

そんな自分の画家活動ですが、ここまでのレベルに上げる事が出来たのは勿論、自分の作品を好きになってくれる方々が増えてきている事と、実際に自分の作品を購入してくれる方々が居てくれるお陰なのですが、自分自身が『自分だけ』の為に描く絵と『自分以外の方の』為に描く絵を描き分けられる様になれた事も要因だと思います。

スポンサーリンク


目的別に絵を描ける様になった

自分は大きな絵を描く事が好きで、しかも抽象的なのか具象的なのか、アクリル画と呼ぶべきかそれとも日本がと呼ぶべきか、アート作品なのかイラスト作品なのか、様々な意味でジャンル分けが難しい絵を描いております。

ですので、部屋に飾るには大き過ぎるし、風景画や静物画の様に何処にでも飾れる絵と言うよりは趣味嗜好が大きく割れるクセの強い絵だし…と、挙げたらキリがないくらいには『自分だけ』が好きな絵の方は売れません。

しかし、絵を描く以外にちょっとしたDIYを好きだった事で始めた小物入れに絵を描いた作品や、自分が最も好きな昆虫であるオオミズアオ以外の昆虫…厳密には多足類や奇虫と呼ばれる昆虫達の作品を描き始めた事で、少しづつ収入につながっていく事が増えてきました。

この時点で、『自分だけの為』に好き勝手に描く為の作品と、『自分以外の方の為』に描く作品と、目的を分けて作品を描いていく方が結果的に自分は自分の好きな絵を描き続けられるし、自分の作品を購入してくれる人がいてくれるお陰で次の作品作りの材料を購入する為の活動費も頂く事が出来ると分かり、今は目的別に絵を描ける様になりました。

スポンサーリンク


結局好きな絵を描く事に変わりはない

目的別に絵を描いていると書きましたが、どちらも自分が好きな絵を描いていると言う事には変わりはありません。

収入を出す為に自分が描きたいと思っていないジャンルを描いている訳でもなく、どちらも自分が大好きなオオミズアオと言う昆虫や、世間では『気持ち悪い〜(泣)』と思われている様な生き物を自分の好きな画風で描いているだけなのです。

単純に自分が観ていて幸せになれる自己満足の塊の作品か、それとも同じ昆虫好きでそう言ったものに興味がある人が好きな作品かと言う違いだけです。

そうして目的別に絵を描いている事で、自分自身が好きな絵を描きつつも自分の作品を好きな方々が購入してくれる様な作品を製作し続けながら、ひっそりとでも確実に画家活動を続けていけるなら、それ以上の幸せってないと思います。

勿論、自分の趣味嗜好が注ぎ込まれている絵が売れればそれ以上に嬉しい事はないと思いますが、もしも現実的に自分の作品で収入を創り出したいと思うのであれば、多少なりとも『みんなはどんなものが欲しいと思っているのか?』と考えてみた方が良いのかもしれません。

自分が描きたい絵とみんなが欲しいと思っているものとが上手く譲歩し合ってマッチングしたものが、現実的な収入には繋がり易いものなのかな〜?と思います。

スポンサーリンク


まとめ

最近はよく『絵で生きるってどう言う事なのかな?』と考える事があります。

まだまだ世間の事も良く知らなかった12年前の自分は『自分だけが好きな絵だけで食べていく‼︎』と息巻いていたものですが、今の自分としては『自分だけが好きな絵を描きながら、みんなが好きになってくれた絵を描いて、時々仕事をして身体を動かしながら生きるのも良いな〜』なんて、以前と比べて随分とのんきな考え方になったと感じています。

しかしこれくらい柔軟且つ気楽に考えて生きていく方が、画家として継続的に活動していくには大事な事なのかもしれません。

どんな事にも言えますが、自分にとって良いアイディアであっても頑として自分以外のアイディアを取り入れずに生きていくのは、結局自分の首を絞めて自分の人生を生き辛いものにしてしまうだけなのです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »