コンテンツへスキップ

上も下も見てても疲れるだけだ。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分よりも上にいる人や、自分よりも下にいる人を見ていても、何も変わらないし疲れるだけです。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

世の中には『上』も『下』も沢山いる

今、地球上の総人口数は約78億人(2020年時点)だそうですが、この中に自分よりもお金持ちで大きな豪邸で暮らしていたり、会社でとっても偉い地位に就いていたり、自分の好きな事だけで生きている人もいれば、逆に日々の生活もカツカツになっている人や、働きたくても働けない人や、毎日精神を擦り減らしながら働いている人も沢山います。

世の中には沢山の人間が生きていて、その中には自分よりも『上』の世界で生きている人もいれば、自分よりももっと大変な『下』の世界で頑張っている人もいる訳です。

スポンサーリンク

『上』も『下』も見ていても意味ない

単刀直入に申し上げますと、自分よりも『上』の人も『下』の人も見ていた所で自分自身に何かある訳ではありません。

自分よりも『上』の人ばかりを見ていれば『自分はあの人達よりも低い場所で生きているんだな…』と卑屈になって進めないし、かと言って自分よりも『下』の人を見て『自分よりも低い場所で生きている人が沢山いるから自分はマシだ』と思って高を括っていると、意外とアッサリその『下』の人達に追い越されてしまうものです。

特に本当の意味で『上』で活躍している人と言うのは、今自分がいる立場に甘んじて手を抜かず常に『もっと上』を目指して活動しているので、『上』を見て卑屈になったり『下』を見て高を括っている様な人は永久にその場所に行く事は出来ないものです。

スポンサーリンク

『上』も『下』も無視していれば良い

取り敢えず自分よりも『上』の人も『下』の人も、どちらもただボケ〜っと見ているだけでは何も変わらないので無視している方が無難です。

もしも双方を見る事があるとすれば、それは自分自身が成長する為に必要な知識や経験を学ぶ時だけです。

『上』の人が何故『上』にいるのかという事に興味を持つ事で、『上』の人が実践しているノウハウを学んで自分ももっと『上』を目指したり、逆に『下』の人が何時まで経ってもその状況から抜け出せない原因が何なのかを知り、自分が同じ末路を辿らない様に反面教師としてお手本にしたりと、あくまで自分自身の成長の糧として見る分には良いと思います。

『上』の人を見て意味もなく自分を卑下したり、『下』に人を見て歪んだ安心感を得る様な事はしない方が賢明だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回はかなり短めの記事となりましたが、自分がやりたい事に打ち込む為には『上』の人を見てもブレずに成長するメンタルや、『下』の人を見て自分の方がマシだ!と無意味なマウントを取る様なおバカな事をしない真摯な姿勢が必要です。

そもそも、本当に自分のやりたい事に夢中になっている人は、他人の事は良くも悪くも然して興味など持っていないものなので、そう言った事を気にしてしまう人は暇な時間が多い人であるとも言える訳です。

他人の事を無視したいならやりたい事に夢中になれ!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »