コンテンツへスキップ

自分に正直に生きる様になって変わった事。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分は基本的に自分がやりたい事を優先して生きていますが、そんな風に生き続けて変わった事を書いてみます。



蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

自分の心のままに生きる

自分で言うのもなんですが、自分は同世代の人と比べて随分と好き勝手に人生を生きている方だと思います。

自分の生活に最低限必要な分だけ働いて、自分の好きな絵を思うがままに描いたり、YouTubeで興味のある動画を気が済むまで視聴したり、ちょっと遠出をして森林浴や趣味の神社巡りをしたり、最近では持っているだけで自分が楽しくなれる雑貨を買う事も増えたと思います。

そして今年の秋には長い間支払っていた奨学金の支払いも漸く終わるので、それで最近興味のある個人年金やちょっとした投資なんかもやってみようかと考えたり、自分でも自覚出来るくらい兎に角勝手気ままに生きています。

そんな風に好き勝手に生きる人生を10年以上続けてきて変わったと感じる事があります。

スポンサーリンク

嫌な事への免疫が減った

結果から言いますと、自分に正直に生きる様になって自分が嫌だと感じる事に対する免疫がかなり減った気がします。

特に人間関係の部分が顕著で、自分は元々人と関わる事が好きではないし得意でもないので余程趣味嗜好や価値観が合う人じゃないと基本的に人付き合いはストレスでしかないのですが、それでも仕事をして生活費を稼がなければならないので、所謂社交辞令くらいはなんとか出来る様には頑張っていました。

しかし、最近は自分が直感で『あ、この人は駄目だ』と感じた人に関しては社交辞令でも関わらない様にしていたり、職場での飲み会やプライベートな関わりを持ちかけられた時もスル〜っと無視してしまいます。

たまたま同じ職場にいるだけの他人とそこまで関わりたいとも思わないのに、わざわざ自分の時間を削って関わるのは馬鹿らしいと言うのもありますが、こんな風に自分が『嫌だな〜』と感じる事への免疫がなくなった事で、そういった物事や人をすぐに察知して逃げる習慣がつく様になりました。

スポンサーリンク

好きな事への感度は鋭くなった!

先にデメリット(厳密にはメリットですが)を書きましたが、嫌な事への免疫が減った分、自分の好きな事や興味がある事への感度はかなり高くなっています。

実は今まで自分で描いた絵は殆どの場合完成したら『ハイ終わり〜』と言う感じですぐに興味を失ってしまう事が多かったのですが、最近では自分の好きなものセンサーが鋭くなった事で自分が好きなものを以前よりも的確に絵の中に盛り込める様になった事で、完成後にもじっくり観て『我ながら自分好みの作品になってるな…( ̄ー ̄)ニヤリ』と思う事が増えてきています。

また散歩がてらに雑貨店などで自分の好きな雑貨を見付ける頻度や、自分が気分転換出来るスポットを見付ける頻度も増えたと同時に、先程の嫌いなものセンサーを併用する事で、みんなは良いと言うけれど自分には合わないものをサッと見分けられる様にもなっています。

例えば自分はモーニングができるカフェが好きだけれど、賑やかな若者や意識高い系の方が多いス◯バよりも新聞や本を静かに読んでいる年配の方が多い喫茶店の方が好きとか、現実を忘れさせてくれる夢の国で遊ぶのが好きな人は多いかも知れないけれど、そもそも人が沢山いたり大きな音が聞こえたり強い香りがするだけでストレスな自分にとってはそこは居心地がいい場所ではない…とか。

好きなものセンサーと嫌いなものセンサーが発達してくると、本当の意味で自分に合った好きなものと言うのは、そこにあるだけで、観ているだけで、居るだけで自分の事を癒してくれるものであると同時に、嫌いなものもまたそこにあるだけで、観ているだけで、居るだけで自分のメンタルを破壊するものなのだとも分かったのです。

スポンサーリンク


まとめ

自分が本当に好きなもの・嫌いなもののセンサーが未熟なままだと、世間の価値観や商品を売りたくて作り出した価値観などにあっという間に流されて、気付いたら身の回りがモノだらけになっていた…と言う事はままある事だと思います。

特に一度モノを手に入れてすぐに別のモノが欲しくなってしまう様であれば、まさに自分以外の価値観に流されて買ってしまったと言う事だと思います。

自分に正直に生きると言う事は、自分の感性に正直に生きると言う事であり、自分の人生を自分にとって幸せなものにする思考法なのです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »