コンテンツへスキップ

20代で人生決められますか?



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

人生100年時代と呼ばれているのに、未だに20代で自分の人生を決めようとするのってちょっと無理があると思います。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


人生100年時代になっておりますが…

昨今の医療技術によって人間の寿命は飛躍的に伸びてきており、今では人生100年時代と呼ばれるまでの長寿時代になっております。

そうなってくると、自分の様な30代の人間でもまだまだ若手に分類されてしまうし、何なら現役の高齢者からしてみると40代50代の人だってまだまだ若手の部類になるものです。

そんな長寿時代に突入している今、大学を卒業したばかりの20代のうちに残り80年の人生を決定するのは中々に無理があると感じています。

スポンサーリンク


20代で人生を決められるのか?

自分は高校に入学する時点で『自分は絵を描き続ける〜!』という意思だけは硬かったので、今に至るまでひたすらアルバイトをしながら絵を描き続けている訳ですが、それでも『あ、あれやってみたいな〜』『これ面白そうだな〜』と色んな事に興味が湧いてしまいます。

30代の自分が未だにこんなに優柔不断に人生を生きている(飽き性なせいもあるかもしれない…)のに、更に自分よりも若くて好奇心旺盛な20代の内に自分の人生を決めるのって中々にハードルが高いよな〜と思います。

大学を卒業したら直ぐに会社に就職して正社員になって、良い歳になったら結婚をして家族を持って、住宅ローンや自動車ローンを組んで何十年とお金を支払い続けて定年を迎える…なんて、遊び盛りの20代でそこまでキッチリと人生設計が出来るものでしょうか?

まず不景気の日本では大手会社ですら『定年までは雇えない可能性が高い』と断言してしまってるし、会社での昇給も中々期待出来ない状態で何十年も住宅ローンなどの支払いを続けるのも難しいし、何よりも今はSNSや動画配信などが普及した事で、個人が自分の好きな事を仕事にすると言う選択肢が一気に広がっているので、好奇心旺盛でバイタリティーのある20代が一つの会社で日々黙々と働くよりも、そういった事に目移りしてしまっても仕方がないと思うのです。

スポンサーリンク


20代には存分に迷って試せば良い

因みにアルバイトで画家をしている自分ですが、同世代に比べれば存分に好きな事をして生きている方ではありますが、それでも20代は自分の描きたい絵、描きたい画風、描きたいモチーフを探す為に迷いに迷い続けた時間でした。

展覧会の公募に出して何度も落選したり、小さめのギャラリーさんの企画展に参加したり、まんまと騙されて訳の分からない海外展覧会に200万円近くをふんだくられたり、自分の夢につけ込んで余計な事を吹き込んだり誹謗中傷をぶつけてくるトンデモ人間に遭遇したりと、兎に角20代で良くも悪くも色んな経験をしましたが、結果的にはそれらの経験が今でも自分が画家を続ける為の糧になった事は確かな事です。

自分の専門学校時代の恩師が言ってくれた様に、今はアルバイトでもそれなりに生計を立てていく事が出来る時代なので、会社員として働くのも良いですが、敢えてアルバイトで色んな仕事を経験してみたり、自分の様に好きな事・やりたい事を優先させるような生き方をしても良いと思います。

それでイマイチだったのであれば改めて就職をしてみても良いし、まだまだやってやるぜ!という意気込みがあるならそのままやってみても良いし…、そんな感じで20代は良い意味で沢山迷って沢山試してみれば良いと思うのです。

スポンサーリンク


まとめ

30代になって思うんですが、本当に20代の人達って若々しくて明るくて良いと思います!オラマケネエゾ!

だからこそ思うのですが、そんな風にエネルギッシュな若者が『取り敢えず』就職して、『取り敢えず』結婚して、『取り敢えず』家や車をローンで買っておく…なんて受け身で生き続けるのって本当に勿体無いと思います。

それならば多少の失敗は覚悟して、自分がやりたい事や好きな事にそのエネルギーを注いで頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »