コンテンツへスキップ

みんなが職場を去った理由。


スポンサーリンク

今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

自分の職場は人の流入がかなり激しいのですが、その原因は業務内容や給与問題だけではないと最近感じております。


蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

職場でしょっちゅう人が辞めていく…

 自分は今の職場でお世話になり始めてから6年程経過しているのですが、自分の職場は人の流入が物凄く早いです。

自分の様に何年も働いている人も居ますが、最短の人は入職して1日で辞めてしまう人も居ますし、昨日まで話をしていた人が急に『明日で最後なんだ〜』とカミングアウトされたりと、例えとしてはあまり良くないかもしれませんが、穴の開いたバケツに水を汲んでいる様な具合の流入の速さです。

とは言っても、確かに業務内容には肉体労働が多くちょっと大変な事もありますが、慣れてしまえば毎日ジムに通いながらお給料を頂いている気分になれますし、総勢1000人と言う大人数の従業員がいる事で休みも取りやすいし、業務内容も高校生でも出来る様な内容ですし、その割に時給も結構高いし、若干ピンハネされてはいるものの有給休暇も取らせてくれるし、交通費も出してくれるし、福利厚生もそこそこ整っているので自分は特に不満を感じた事はありません。

業務内容でも、給与でもなければ、では一体何が理由でみんな辞めてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

原因は会社からの扱われ方?

このブログではよく書いておりますが、人間の悩みの殆どは人間関係に関するものが殆どであり、意外と会社の業務内容や給与体制で辞めようと決断する事は少ないそうです。

で、自分の職場の異常なまでに早い人の流入の原因に関して考えてみましたが、業務内容でも給与体制でもないとすると、恐らくは会社からの自分の扱われ方に不満があったものと思います。

実は以前、自分が在籍していた以前の現場で無断欠勤をして暫く連絡が取れなくなっていた人が居たのですが、漸くその人と連絡が取れた際に無断欠勤の理由を聞いてみたら『自分が会社から必要とされていないと感じたから』と言う事だったらしいのですが、自分はこの言葉を聞いて良くも悪くもとても印象に残っているのです。

そもそも自分が今勤めている職場は所謂大型倉庫内での軽作業であり、業務内容も誰でも出来る様な単純作業である上に、同一賃金同一労働が浸透しているので個人の能力を認められて昇給する事もなく、大元の会社は超大手通販会社なので24時間365日稼働し続ける為に急に欠勤が出ても問題なく回す為に余るくらいの大人数を雇っているのです。

その様な職場の中でたった一人の、しかも社員でもなければ重要な業務(人に指示を出す役職や資格がないと出来ない作業など)に就いている訳でもない従業員の頑張りを評価しろと言うのはやはり現実的に無理な話であり、もしも会社にとって必要な人材になりたいのであれば、正社員として正式に会社に就職して業務成績を伸ばして昇格していけば良いのです。

少なくとも、今自分がお世話になっている職場は本業で収入が減ったので短期的に働いている人や、自分の様にやりたい事があって自分の生活に合わせて自由に働きたい人、家庭を持っていてその副収入としてパートで働いている人が殆どであり、会社で必要とされる人材になりたいから働く様な場所ではないのです。

スポンサーリンク

居場所は複数持ちましょう

とは言っても、やはり個人的にも繁忙期や閑散期に『6連勤でも良いので出勤して下さい!』とか『暇なので今月は週3シフトでお願いします!』と急に言われたり、職場で毎日単純作業ばかりをしたり、1日の中であちこちの部署を回ったり、子供でも分かる様な職場のルールを守れない人が我が物顔でいたりと、会社での扱いに不満を感じない人はいないと思います。

だからこそ、仕事以外の居場所を持つ事が非常に重要になるのです。

少なくとも自分は『本業は画家!この仕事は副業!』と最初から割り切っていましたし、特にここ2年程は画家活動の方で出逢った方々のお陰で収入が驚く程増えている事で、少なくとも自分の居場所を今の職場に置いていないので、多少会社からいい加減な扱いを受けても『ま〜しゃ〜ないね〜』と流せる様になりました。

また先日もブログに書きましたが、幸運な事に職場の上司の方が自分の画家活動に理解のある方なので、尚更精神的にも気が楽になった訳です。

自分の居場所を職場だけに持ってしまうと、その会社で不当な扱いを受けた時のショックが非常に大きなものになって再起不能になってしまうので、出来る事なら職場以外にも居場所を持っておく方が良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

自分の職場の様に大人数のアルバイトやパートを雇って業務を回している様な職場では、その職場で自分にしか出来ない仕事なんて存在せず、自分じゃない他の誰かでも出来る様な仕事ばかりので、そんな仕事で人より少しだけ成績が良いだけでは優秀な人材になんてなれっこないです。

それを理解している人や受け入れている人は良いのですが、もしもその扱いに不満があるならば、業務以外にも職場で同僚と円滑な人間関係を築けたり、上司にも部下にも信頼される様な言動を常に心掛けたりと、業務以外の事で周りから信頼される様に努力しなければアカンのではないかと思います。

自分は以前の現場で尊敬していた方の『仕事がデキる人と言うのは、言われた作業が出来るだけの人じゃない』と言う言葉を今でも心に留めています。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »