コンテンツへスキップ

個性的な見た目より、清潔な見た目。



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

子供の頃は奇抜な色やデザインの服装を好んでいましたが、最近はそこまで派手じゃなく清潔感のある服装を心掛けています。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓


昔は奇抜な格好が多かった

皆さんは普段どの様な見た目でいる事が好きでしょうか?

自分は仕事やイベントなどの時には襟が付いている服装が好きで、上はゆとりのある大きめで、パンツはスキニーとまでは行かずとも割と足にフィットしたものを履き、靴下だけちょっと派手な柄のものを履く事が多いです。

髪に至っては、今までに一度も染めた事がないのですが、学生時代に一度『髪、染めて…ないよな?』と生活指導の先生に一瞬止められそうになるくらいに茶色いらしいので、そのまま染めずに比較的サッパリとした印象のベリーショートにする事が多いです。

…と、此処まで描いた感じでイメージ出来る見た目は、割と普通な感じになると思いますが、子供の頃の自分はもっと奇抜な見た目になる服装ばかりを好んでいました。

スポンサーリンク


個性的な見た目を好む原因

時々、自分の子供の頃の写真を見返す事がありますが、自分で見返してみても『このファッションの組み合わせは酷いな〜(笑)』と思う様なものが多く、今考えてみると人と違う様に拘り過ぎた結果、奇抜と言うよりも頓珍漢な見た目になっていた様に感じています。

例えば全身…本当に頭の帽子から足元もの靴まで全て迷彩柄になっていたり、上がヒラヒラの薄手のワンピースなのに下には何故かモッコモコの着膨れする様なパンツ(?)を履いていたり…兎に角変な見た目だった事が多いです。

で、今思えば、当時の自分は絵を描く事が好きでも今程自信があった訳でもなく、でも今の自分のままでは何となく満足出来ないと言う、一種の不満感をいつも抱えていたと思います。

で、せめて一番分かりやすく目に留まりやすい自分の見た目を普通の人と違う見た目にして、『自分は他の人と違う人間なんです!』とアピールしたかったのかもしれません。

以前、髪の色を変えたり個性的な服装をする人は、今の自分が好きじゃなかったり何かしらの不満を抱えているから、あえて今の自分とは違う自分になる為に髪の色を変えたり個性的な服装を好むと聞いた事がありますが、自分の場合もそう言う事だったのだと思います。

スポンサーリンク


自信を持てば見た目は気にならない

自分が冒頭で書いた様な服装を好む様になったのは、自分の絵に対して自分が納得感や自信を持てる様になった事が大きな要因だったと思います。

自分の絵に対して肯定的な意見を下さる人、自分の絵を好んでくれる人、そして自分の絵を購入してくれる人に出会う事が増えてきた事で、『自分の絵はこれで良かったのだ!』と自信を持てる様になり、それと同時に自分は自分自身よりも自分の絵をもっと見て欲しいと考える様になり、そこから自然と奇抜な服装から割と落ち着いた印象の服装に変わっていきました。

結局、奇抜な服装をしていた頃の自分は自分を派手に着飾る事で自分の個性をアピールしていましたが、今は自分の絵で十分に自分の個性をアピールする事が出来る様になった事で、自分自身を使って過度にアピールする必要も無くなったのです。

それに、よくよく考えてみれば幾ら個性的な服装をしたとしても、量販店などで購入する服は誰かの作品の一つに過ぎないので、本当の意味で自分にとっての個性的な感じを出す事が出来ないのです。

それよりも、自分の作品を好きになってくれる人ともっと関わり易くなれる様に、清潔感のあって落ち着いた見た目をしている方が良いと感じています。

スポンサーリンク


まとめ

今は自分の絵を使ったTシャツを委託製造するサービスが盛況なので、本当の意味で自分の個性的な服装を作る事も出来ますが、自分としてはそう言った媒体にする前提で作品を製作していないので、今後も清潔感重視のシンプルな服装をしていくと思います。

奇抜な服装で個性を出す事も良いのですが、やはり初めての人は結構吃驚して話し掛け辛かったりするので、営業的な意味ではやはり見た目にドギツイ個性を出しまくるのは難しいかもしれません。

でも、ワンポイントでドギツイ個性的なアイテムを使うとアクセントにもなるので良いと思います!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »