コンテンツへスキップ

呪いって…信じますか?



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

様々なテクノロジーが発達している現代ですが、そんな中でも皆さんは呪いという存在を信じますか?




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

呪いは時代遅れの迷信か?

皆さんは呪いという存在を信じていますか?

実は自分は呪いに限らず、幽霊とか超常現象などのオカルティックなお話が大好きで、学生時代には通学の電車の中で毎日怖い話の本を読んだり(そして級友を何人かその世界に引きずり込んだ)、今では毎日YouTubeで色んな方々の怪談や不思議な話を視聴するのが趣味になっております。

そんな中で、呪いと言うものは幽霊や超常現象に並んで真っ先に否定されがちのものですが、自分としては呪いと言うものは科学が発展しは現代でも確実に存在しているものであると思います。

スポンサーリンク


呪いは誰かが信じれば成立する

呪いと言って自分が真っ先に思い浮かぶは、女性が真夜中に白い着物を着て来に藁人形を打ち付ける『丑の刻参り』ですが、ああ言った特定の対象に対して強い気持ちを持って何かしら行う類の呪いは、自分の中では確実に存在していると思っています。

呪いは呪われている対象が信じようと信じまいが、呪いをかけている側に物凄い執念が確かに存在している訳で、また丑の刻参りに関しては念だけではなく相手に模した藁人形と言う物理的な媒体も使っている上、日本では言葉自体に力が宿るとされる『言霊』と言う信仰もあるので、物凄い執念を持って丑の刻参りをしながら『〇〇死ね〜!』『〇〇地獄に落ちろ〜!』なんてやってたら、いくら迷信だなんだと言っていても呪いをかけられている側が平穏無事に済む訳は無いと思います。

…と、今回は別に丑の刻参りの解説をしたい訳ではないのでこれ以上話す気は無いのですが(丑の刻参りなどの類の呪いは自分にも悪影響があるのでオススメしない)、呪いを迷信だと言って即座に否定する現代でもそれに似た呪いはしっかり息衝いていると思います。

それは他人に対して行なっているものではなく、自分が自分自身に対してかけている呪いです。

例えば『自分は何をやっても出来ない駄目人間だ…』とか『〇〇はこうしないといけないんだ!』とか『どうせ成功する訳ないんだからやっても無駄だ…』と言った類の言霊でもって、自分自身に対してネガティブな言葉や感情を持ち続ける呪いをかけ、自分自身を駄目人間にしたり、自分のやりたい事を我慢して世間体ばかりを気にしたり、やりたい事をせずに諦めてしまう様な人間になる呪いをかけ続けているのです。

スポンサーリンク


呪いは良くも悪くも効果がある

ちょっとネタバラシをすると、実は先程書いた自分自身に対する呪いに関しては脳科学的に証明する事が出来るのです。

まず、脳は自分自身が発している言葉が誰に向けられている言葉なのかを正確に判断する事が出来ないので、例えば自分が他人に対して発している悪口であっても、それを自分に言われている言葉であると脳が誤認してしまい、結果的には悪口を言う度に自分を傷付けてしまうのです。

そして生き物には習慣付けと言う特性があり、毎日同じ事を繰り返しているとそれが習慣となって無意識のうちに行う様になってしまう特性が重なる事で、毎日毎日ネガティブな言葉を発し続ける習慣によって自分自身にネガティブな言葉を植え付けてしまうのです。

自分自身に悪い言葉をかけ続けて悪い考えや価値観に縛られる…これを呪いと言わずになんと言うのでしょうか?

しかしこの呪いは逆のパターンに利用する事が可能であり、毎日ポジティブな言葉…例えば他人に何かしてもらった時に御礼を言ったり、自分に対して運が良かった時に『運が良いね』と言ったり、自分が頑張った時には『よく頑張った自分!』と褒めたりと言った言葉を使い続けると、不思議と自分自身に良い自信を持てる様になってくるのです。

少なくとも自分はどちらの呪いも経験した事があり、またどちらも確実に効果がありますので、どうせ呪うなら自分の人生が良くなる呪いをかけ続けた方が良いと思うのです。

スポンサーリンク


まとめ

最初にも書きましたが、自分はオカルティックな事は結構信じている方なのですが、呪いの類に関しては脳科学でもって科学的に証明されている気がします。

普通に考えて自分に強い憎悪や悪口が向けられて平気な人は中々いないでしょうし、相手に対して悪口を言い続けたりネガティブな感情を持ち続けている本人も、自分が発し続けている悪口と頭の中に持ち続けている憎悪によって自分の脳にダメージを与え続けている訳ですから、当然無事で済む訳がない…『人を呪わば穴二つ』とはよく言ったものです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »