コンテンツへスキップ

絵だけでは生計が立たずとも…。



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

絵を描き始めてかれこれ20年以上の歳月が経ちましたが、絵だけで生計を立てる事はやはり難しい事かもしれません。




蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

絵だけでは食っていけない

自分が初めて筆を取って絵を描き始めた頃から20年以上は経っているのですが、当初は『大人になっても絵を描き続けたい!』と言う夢を抱き、学生時代にはその夢に少し現実味が混じって『絵を描いて生計を立てたい!』と言う願望となり、30歳を過ぎて本当に絵で少しづつではありますが収入が入る様になってきた今では『セミプロで絵を描き続けたいな…』と言う気持ちに落ち着いています。

結論から言いますと、自分が幼い頃に抱いていた夢は叶ったと言えますが、学生時代に抱いた『絵を描いて生計を立てる』と言う願望は夢半ばと言う感じです。

確かに絵を描くだけでは生活から画家活動までカバー出来る程の収入は得られていませんが、自分としては今の状態でも十分に満足出来ています。

スポンサーリンク


生活にゆとりは出てきた

絵を描くだけでは確かに生計を立てる事は難しくはありますが、今は絵を絵売ったお金で画家活動費を工面するくらいにはなってきたので、少なくともアルバイトで稼いだお金から生活費と画家活動費を捻出すると言う貧乏まっしぐらな状況からは脱する事が出来ました。

今、このブログを書く為にまだまだ絵が売れていなかった頃の状況を思い出そうとしているのですが、正直その頃は今以上にお金がなかったせいで心にゆとりがなかったし、アルバイト、私生活、画家活動に夢中であまり詳細には思い出せませんが、少なくとも他の作家さんの作品を買う余裕は皆無でしたし、何なら体調不良になって病院に行くのも、髪が伸びてきて美容院に行くのも、ヨレヨレになった下着を買い替える事も躊躇するくらいにはお金が無かったです(笑)。

今でもお金を沢山持っている訳ではありませんが、散歩がてらちょっと良いお値段のカフェに行ってお茶をしたり、家族や友達に細やかなプレゼントを買ったり、部屋の中に実用性皆無なインテリアを飾るくらいのゆとりは出ています。

スポンサーリンク


生計が立たなくても良いのだ

よく巷には『絵だけで食っていけないよ』と言葉でもって画家を殺しにくる人がいますが、そう言う人は自分から全力投球して行動を起こした事がないくせに物事や他人に対して期待値が高過ぎるし、自分の人生や好きな事・やりたい事と真剣に向き合った事がないのだと思います。

20年以上絵を描き続けている自分としては、毎日毎日『あの人は嫌いだ〜』『こんな仕事早く辞めたい〜』『毎日つまらなくて憂鬱だ〜』と文句を言ってるくせに、それを改善しようと自分から動こうとせずに惰性的に毎日を生きている人の方が余程自分の人生を不真面目に生きていると思いますし、それで生計が立っていたとしてもストレスで心身を壊しているならやはり問題であると思います。

逆に自分の人生や好きな事・やりたい事と真剣に向き合いながら、自分なりに試行錯誤して様々な行動を起こしている人は、例え好きな事で生計が成り立たなくても自分の好きな事を続ける事が出来るだけでも幸せを感じますし、活動を継続する為の小さな収入を得られているだけでも有難いと思えるものです。

好きな事を仕事にする以上はそれ一本で生計を立てなければ成功者ではない!と言う風潮が世間には漂っている様に感じますが、自分としては好きな事で生計が立たなくても、生活にゆとりが出て幸せを感じられるのであればそれで十分に成功者であると思うのです。

スポンサーリンク


まとめ

好きな事で生計が立たない=失敗であると言う考え方は、好きな事に対して全身全霊を掛けて真剣に取り組んだ事がない人や、好きな事で成功出来なかった時に他人から嘲笑される事を恐れる人が、自分が逃げる為に作った都合の良い言い訳であると思います。

本当に好きな事って、収入に繋がらなくても『やらないと死んでしまうんだすよ〜』と言うくらいに夢中になれる事であると思いますし、好きな事で収入が生まれる仕組みを作るには好きじゃない事(イベントや展覧会での営業、作品を購入してくれるお客様への接客、材料費や売上の経理管理)も頑張らなければ出来ないのです。

好きな事で収入を得ている方々は、好きな事を続けている『だけ』では収入には結び付かないと言う事を理解し、好きな事で収入を得る為に好きじゃない事も頑張る覚悟を決めた人達なのです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »