コンテンツへスキップ

観せたいのは自分か?作品か?



スポンサーリンク


今日も一日お疲れ様です、蟲人です。

クリエイターとして活躍する上で、自分が世の中に発信したいものが何かを明確にしておく事は大事な事だと思います。



蟲人のサブブログ『蟲人のぶらぶら散歩』も観てね‼︎↓

作品を観て頂く機会が増えてきて…

学生時代が終わってから個人でコツコツ画家活動を続けて10年以上経ちましたが、お陰様で最近は様々なイベントや展覧会で自分の作品をお披露目する機会が増えてきており、SNSの方でも沢山のフォロワー様に応援して貰える様になってきて大変有難い状況です。

美術団体や教会に入っている訳でも、大や芸大などで繋がりを持っている訳でもなかったので、悪戦苦闘ながらも作品ホームページを作ったり、色んなイラスト系のサーチなんかに登録する所から始めましたが、あの頃の自分が根気よく頑張ってくれたお陰もあって今の自分があります。

そんな風に作品を観て貰える様になってきたら、ちょっと気を付けたい事があります。

スポンサーリンク


作品を観て貰える=自分が人気者?

今でこそ良くも悪くも色んな経験をしたり学んだりしたお陰で、自分は自分の絵を観て欲しいのであって自分自身を観て欲しい訳ではない!と言う断固とした決意を持っているのですが、自分の作品を沢山の人に見て貰える様になってくると自分自身が人気者になったと勘違いする事があります。

自分ももっと若い頃には作品を発表して沢山のリアクションを貰えたりすると、何故か自分自身がみんなに好かれているのだと言う錯覚を起こして、ブログやSNSなどで作品に関係のない自分の日常生活などを書き始めたりするのです。

しかし、そう言う場合は作品を発表した時に比べて圧倒的にリアクションが少なかったりするので、そこで『あ、みんな作品が好きなんですね有難う御座います!』と間違った夢から目が醒めるのです(笑)。

ブログやSNSで『今日は〇〇食べました〜』とか『今〇〇しています〜』といった何気ない日常を投稿しているだけなのに沢山リアクションを貰う人がいますが、アレは芸能人とかアイドル(最近ではYouTuberさんも当て嵌まりますね)の様に自分自身を作品として売り出している人であって、少なくとも自分の様に作品を製作するクリエイターの場合は作品をアピールする事が最優先事項であって、自分自身をアピールするのはクリエイターとしてはちょっとズレた活動になってしまうと思うのです。

スポンサーリンク


観せたいものをブレさせない

先に言っておきますが、有名じゃない人がブログやSNSで日常を呟く事が駄目だと言うつもりは毛頭ありません(自分も時々どうでも良い事を呟いちゃうし…)が、作品を好きになってくれた方々はまず作品が観たい!と考えている人が圧倒的に多いのではないかと思うのです。

過去に作品が好きでフォローしていたクリエイターの方が、段々と作品の投稿が減って関係ない投稿ばかりになってしまってフォローを辞めてしまった事が何度かあり、本当にクリエイターとして活動する為にブログやSNSを利用するのであれば、自分が何を観て欲しいのかをハッキリさせておかないと、途中から投稿内容が迷走して目的不明になってしまったり、それに飽きてフォロワーさんが減ってしまったりしては元の木阿弥です。

一番怖いのは、作品投稿をしている場所で他人の悪口や愚痴ばかりを垂れ流して、結果そこに集まる人が作品ではなく悪口や愚痴にしか反応しない人ばかりになってしまう事かもしれません。

そうなってしまうならば、最初から作品を見て貰う為の場所と日常を呟く場所とをハッキリと分けるなどの対策をした方が良いかもしれません。

とは言え、日常を呟いている事でそこから偶然出逢えるフォロワーさんや、何気ない会話から繋がるキッカケにもなるので、再三言いますが日常を呟く事が悪い事であるとは言いません。

自分がSNSなどを通じて何を一番に観て欲しいのか?と言う方針をブレずに持っていれば、日常の呟きで作品が埋もれてしまう事は減ると思うのです。

スポンサーリンク


まとめ

最近SNSの広告が多過ぎて、正直仕事以外で利用するのが面倒臭くなってきているのですが、現時点では個人で活動する上でSNSの効果はかなり大きなものです。

だからこそ、自分としてはSNSで自分の作品を沢山観て貰う機会を作って、少しでも自分の絵が好きな人と巡り会える機会を増やしたいので、自分の日常の呟きよりも作品投稿に重点を置いて今後もSNSは利用していきたいと思うのです。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »